リラックスできる環境をつくり瞑想をする

リラックスできる環境をつくり瞑想をする

まず、リラックスしたいと思ったらば、部屋を片付けます。

部屋が散らかっているとそれだけで、心が乱れてきます。ですから、まずは、散らかっているものを片付けて、目に見えるものを少なくしていきます。それだけで、ずいぶんとリラックスしていきます。
リラックス6

次に、リラックスできる音楽をかけます。

ゆったりとした音楽をかけて、そして、ミルクティーを飲みます。身も心もリラックスしてきます。

 

次に、身体を柔らかくするために、簡単なヨガをします。複式呼吸を使って身体のあらゆる部分を伸ばしていきます。

いろいろなポーズがありますが、無理のないポーズを選んでじっくりと40分くらいかけてヨガをしていきます。身体がほぐれるにしたがって、気持ちもかなりリラックスしていきます。呼吸も浅い呼吸から次第にゆったりとした深い呼吸になってきます。

 

そして、最後には瞑想をします。

まずは、目を閉じて、自分の内側に意識を持ってきます。呼吸をしながら、数えることをしていきます。数を数えるにしたがって、日ごろかかえているもやもやが少しずつ晴れてきます。

 

そして、数を数える呼吸を5分くらいしたらば、ゆったりと呼吸をしながらイメージをする瞑想をしていきます。

広大な宇宙の中に自分だけ一人でいるイメージをしていきます。あまりに広大で宇宙がどこまでも広がっているのを感じます。

そして、宇宙の中に階段があるのに気が付きます。その階段に向かっていき、ゆっくりと階段を上がっていきます。

階段は、延々と続いていきます。しばらく歩いていると階段が明るくなってきているのに気づきます。そして、さらに上っていくと、階段の上に扉があるのに気づきます。扉の前まで行くと、ゆっくりとその扉を開けて中に入っていきます。その扉の向こうまでいくとまぶしいくらいの光の中に入っていきます。そこは、自分のかなえたいものがなんでもかなえられる場所です。そこで、しばらくの間、じっとしながら、そこのいい雰囲気を楽しんでいます。

 

というような瞑想をしていると、とてもリラックスしていきます。

 

また、これだけの時間がないときには、楽しいことをして、リラックスします。
楽しいことをしているだけで、ストレスが自然となくなっていきます。例えば、録画しておいたビデオを見たり好きなダンスを踊ったりします。